人気の熱中症対策グッズ

近年、熱中症に対する対策意識は高まっていると思われます。

それを実感するのはこれからの季節、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどに陳列される熱中症対策グッズの多さです。

その中でも首や頭などに張り付ける『冷却シート』や患部に噴射して吹き付ける『冷却スプレー』の種類はかなりの種類が出ています。

熱中症対策に最も有効な事は何と言っても冷却ですからこれらの品々が多く発売されるのは納得の行くところですし、夏の暑い時期に首筋や腋の下などの太い血管が通る部分を前もって冷やしておくことは予防にもなります。

これらの『冷却』を目的としたグッズと並んで人気なのが帽子を代表とする『日除け』グッズです。
こちらは古くから活用されていますが近年では女性や若者向けにおしゃれな物が販売されており、『おしゃれアイテム』の一つとしても帽子は人気です。

ただデザイン的にはどうかわかりませんが帽子の鍔は一周している物、つまり『キャップタイプ』の物では無く『ハットタイプ』を選んだ方が後頭部まで日光を遮断しますので熱中症対策には有効かと思われます。

また、古くから存在する物として帽子と並ぶのが扇子や団扇。
こちらは涼しい風を何時でも送ってくれる携帯グッズです。
そしてこちらもデザイン性に富んだ物が多く店頭に並んでいますので『おじさんの持ち物』としてのイメージは薄れ、夏のおしゃれを楽しむ為の小道具の一つになりつつあります。

防寒対策は着込む事である程度解消されますが、涼しさを求めていくと限界があります。まさか、全裸で街中を歩く訳には行きません。

そこでポイントとなるのが風通しの良い服装です。
最も風通しを良くしたい箇所は首筋と腋の下ですが、首筋はある程度首元の開いたワイシャツやポロシャツ、またはTシャツで凌げますが腋の下を空けたシャツと云うとタンクトップやランニングシャツになってしまいます。若干の照れくささも在り中々その様な格好で外出は出来ないという方もいらっしゃると思います。
そんな時にこそ最初に紹介した冷却シートをご利用すると良いでしょう。ワイシャツやポロシャツのように袖のあるシャツの内側にこのシートを張り付ければ、いつでも涼しく過ごせます。

食べ物や飲み物で涼をとる事も大事ですがこう云ったグッズで物理的に予防する事も立派な熱中症対策になりますので有効に使ってこの夏を乗り切って欲しいと思います。

関連記事をもっと読む