予防するのは親の役目!子供の熱射病をなくそう!

子供は大人よりも体温調節機能が身発達であるため、熱射病を起こしやすくなっています。

よく、暑い日に車内に長時間置き去りにされた子供が死亡した、というニュースを耳にしますよね。

このようなことが起こらないように、子供の熱射病についてしっかり理解しておきましょう。

子供の熱射病

症状

子供は大人と違って体調が悪くなっても正確にそれを伝えることが出来ません。
少しでもおかしいと思ったら、すぐに対処出来るようにしておきましょう。

  • 顔が赤い
  • 体が熱い
  • ぐったりしている
  • おしっこの量が減った
  • 水分が摂れない
  • 意識が朦朧として意味不明なことを言っている
  • 痙攣を起こした

などの症状が見られる場合は、熱射病を疑ってください。

子供の脱水症状は進行がとても早いので、一刻も早く病院に行きましょう。

対処法

子供に熱射病の症状が現れた場合は、すぐに体を冷やして下さい。
クーラーや扇風機の風を体に当てたり、冷たいタオルで手足を冷やしましょう。

逆に体温が下がって体が冷えている場合は、毛布などで体を包んで温めてあげてください。

意識がある場合は、塩分と糖分を含む飲み物を飲ませます。
慌てて一気に大量の水分を飲ませようしてしまいがちですが、子供は一度に飲むと吐いてしまうことがあります。
吐くとさらに脱水症状が進んでしまうので、少量ずつを何度にも分けて与えてください。

体温が39度以上まで上昇していたり、意識障害が見られる場合は、すぐに病院に行くことをおすすめします。
事態が深刻な場合は救急車を呼びましょう。

予防策

夏の暑い日に、日差しが差し込むような場所でお昼寝をさせるのは絶対に止めてください。
時間の経過とともに強くなる日差しが子供の体に当たっていると、熱射病を起こしやすくなります。
「室内だから大丈夫」という考え方は間違えていますので、注意しましょう。

また、外出時、直射日光が当たらないように帽子をかぶせたりベビーカーの日よけを付けるのは良いのですが、そればかりに気を取られていると危険です。

実は直射日光を浴びたアスファルトやコンクリートが、最も熱を吸収しやすくなるのです。
足元から感じられる高温のせいで熱射病になる危険性は非常に高いと考えてください。

先ほども書きましたが、車の中に子供だけを残すことは絶対にしないようにしましょう。

「寝ているから」、「少しの時間だから」と言って目を離している間に熱射病になり、車に戻ったら子供がぐったりしていた、という例は少なくありません。
車内は思っている以上に熱がこもりやすいのです。

最後に

子供が熱射病にならないように予防してあげられるのも、症状を一刻も早く見極めて対処してあげられるのも、いつも一緒にいる親だけです。

一刻を争う事態を引き起こすことのないように、特に気温の高い日が続く夏場は十分注意してあげるようにしてください。

関連記事をもっと読む