肥満は危険!熱射病を起こしやすい条件

同じように炎天下にいても、熱射病を起こす人と起こさない人がいるのは何故なのでしょうか。

熱射病を起こしやすい条件をしっかりと把握して、条件に当てはまる場合はより注意して過ごすようにしましょう。

熱射病を起こしやすい条件

急に気温が上昇したとき

前日に比べて急に気温が上昇した日は、熱射病を起こす人が急増します。

これは、前日までの気温に慣れてしまっていた体が、急劇な温度変化に対応出来なくなることが原因と考えられています。

いつも以上に注意して、水分補給を心がけてください。

湿度が高いとき

気温がそれほど高くなくても、湿度が高いと熱射病を起こしやすくなります。

湿度が高いと人は汗をかきやすくなり、必要な水分量は増えます。
それに気づかずに過ごすことで、症状を悪化させてしまっているのです。

湿度が高いときこそ、熱射病の予防策が必要です。

アスファルトや砂の上で活動しているとき

アスファルトや砂は熱を吸収しやすいので、草の上などで活動しているときに比べて足元からの熱を感じやすくなります。

アスファルトや砂の上で激しいスポーツや労働をするときには、水分補給と休憩をこまめにとるように心がけましょう。

熱射病を起こしやすい人

高齢者や乳幼児

高齢者や乳幼児は、熱射病による死亡率が他の年齢に比べて非常に高いのが特徴です。
これは、体温調整機能が正常に働いていないためなのです。

乳幼児は外気温に適応する能力が低く、熱を失いやすく、熱がこもりやすいと言われています。
気温や湿度が高くなることで熱が体内にこもってしまい、熱射病を起こしてしまうのです。

体温調整機能が低下してきている高齢者にも同様のことが言えます。

肥満の人

熱射病は熱が放出されず体内にこもってしまうことが原因で起こりますので、肥満の人は脂肪が壁になって熱の放出を妨げてしまいます。

逆に脂肪が少ない人は熱を放出しやすいので、熱射病になりにくいと言われています。

体調が悪い人

特に下痢や嘔吐、発熱がある場合は、それだけでも軽い脱水症状を起こしています。

そんなときは熱射病になりやすく、また、症状も悪化しやすいのでより注意が必要になってくるのです。

暑さへの抵抗力が弱い人

寒い地域で暮らしてきた人やクーラー依存の人は、暑さへの抵抗力が弱く、熱射病になりやすいようです。

暑さへの抵抗力が弱いと発汗障害が現れ、上手に汗として熱を放出することが出来ないのです。

我慢強い人

めまいやふらつき等を感じても我慢してしまう人こそ、症状を悪化させてしまいます。

少しでも「おかしい」と思ったら、近くにいる人にその旨を伝え、すぐに休憩するようにしてください。

最後に

これを読めば、自分が熱射病になりやすい人かそうでないか、分かると思います。

もしなりやすい条件に当てはまるものがあった場合、特に夏場は常にそのことを意識しながら過ごすようにしてください。

関連記事をもっと読む