熱射病の症状を見極める4つのポイント

熱射病は熱中症の症状のひとつであり、日射病とは異なります。

最近は総称して熱中症と呼ぶことが増えてきているようですが、熱射病の症状についてしっかりと理解して、いざという時に正しい対処が出来るようにしておきましょう。

熱射病とは

夏場、温度の高い場所に長時間いることで、体温が上昇し、体の機能が正常に働かなくなる症状のことを「熱中症」と呼び、熱中症の中でも特に症状が重い状態を「熱射病」と呼びます。

熱射病は直射日光に当たっている場合のみ起こるものではありません。
閉め切った室内や屋外の日陰でも起こりうる症状なので、暑い時期は特に注意が必要になってくるのです。

毎年夏になると各地で熱射病をはじめとする熱中症で運ばれたというニュースを耳にしますが、熱射病は最悪の場合、命にも関わる重大な病気です。

一刻も早く症状を見極めて、素早い対処をする必要があるのです。

熱射病の症状

■体温の上昇
熱が放出されず体内にこもってしまい、その状態のまま放置しておくと体温調節中枢の働きに支障をきたし、体温が40度以上に上昇します。

暑い場所にいたはずなのに汗をかいていないときや、口や皮膚が乾いているときは熱が放出されていない証拠ですので、しっかり見極めるようにしてください。

「汗をかいていないから大丈夫」と判断してしまうことが、最も怖いのです。

■めまい、吐き気
体温が異常に上昇することで、腎臓や脳などの機能に異常が起こり、めまいや吐き気などの症状が現れます。

これを放置しておくと多臓器不全を起こし、死亡する可能性も決して低くはありません。

■呼吸困難
脈が弱まり頻脈になると、呼吸困難を起こします。

最初は普通に呼吸が出来ていたのに、急に呼吸困難を起こす場合も多いので、十分に注意して見ておいてください。

■血圧上昇
熱射病になると血圧が上昇します。

最初は軽度の熱中症かと思って病院に運んだら、急に血圧が上昇して重度の熱射病を起こしたというケースも多いようです。

初期症状

立ちくらみや吐き気、唇のしびれなどを感じた場合は、まず熱中症を疑う必要があります。
血圧が低下して体がだるくなってきたら、一刻も早く応急処置を行ってください。

熱中症の症状が急激に悪化して熱射病の状態になってしまったら、意識障害を起こして、重度の場合は30%が死亡すると言われています。

軽度の熱中症の場合はその場の処置で症状が回復するケースも多いようですが、熱射病を起こしてしまうと必ず病院での治療が必要になります。

熱射病になっていないか見極めるためにも、症状についてしっかり把握しておきましょう。

最後に

意識障害が起きて熱射病が疑われる場合は、早急に救急車を呼んでください。

救急車が到着するまでに体温を下げるための処置を行うことで、その後の生死を左右することになります。

特に高齢者や乳幼児は症状が急激に悪化して熱射病になりやすいので、注意が必要です。

こちらの記事もおすすめです

楽しいハロウィンパーティーを開催するためのポイントや、仮装衣装の作り方などについてまとめたサイト。全国各地のハロウィンイベントの紹介もおこなっています。
ハロウィンを100倍楽しむ方法

失敗しないための幸せな結婚を開くために知っておきたいポイントをまとめました。
結婚式の準備や費用、当日なにをすればいいかなど、事前に抑えておきたい知恵をたくさん掲載しています。
不幸な結婚式を避ける知恵

関連記事をもっと読む