熱射病と日射病の違いって何!?

熱射病と日射病は、それぞれ熱中症の症状のひとつです。
熱射病と日射病にはどのような違いがあるのでしょうか?

処置の方法としてはほとんど違いがありませんが、その原因やメカニズムは異なります。

安心して暑い季節を乗り切るためにも、ぜひ知っておいてください。

熱射病と日射病

熱射病

■メカニズム
熱射病は、外気の温度や湿度が自分の体温より上昇することによって体の体温調整機能に支障をきたし、体温をコントロールすることが出来なくなって起こります。

体温調整機能には皮膚の表面から熱を外に放出したり汗をかくことで熱を奪う役割がありますので、これが正常に働かなくなることにより、体温がグングン上昇してしまうのです。

つまり炎天下に長時間いることだけが原因ではなく、湿度が高い閉め切った室内でも発症することがあります。

■症状
体温は40度を超えることが多く、体は熱いのに汗をかいていないのが特徴です。

めまいや吐き気、頭痛、意識障害、昏睡、全身痙攣が主な症状となっています。
意識障害が続くと多臓器不全を起こし、死亡する例も少なくありません。

■対処法
涼しい場所に移動して早急に体を冷やすことが重要なポイントになります。

スポーツドリンクなどでこまめに水分補給をしながら、意識障害を起こしていないかチェックしてください。

■対策
気温や湿度が高い日には、なるべく涼しい室内や日陰にいるように心がけてください。
それほど気温が高くないときでも、こまめな水分補給は忘れずに。

体調が悪い日や疲れている日は、出来るだけ体を動かさずに安静に過ごすのが一番です。

日射病

■メカニズム
日射病は、炎天下で直接太陽の光を浴びることによって、その熱に体が耐えきれなくなることが原因で起こります。

体内の水分が大量に排出されるため、脱水症状を引き起こします。
太陽による直射日光を頭部に長く浴びることが原因、という部分が熱射病とは異なります。

■症状
熱射病同様、体温の上昇や吐き気、めまい、頭痛などが主な症状です。
症状が重度な場合は意識障害を起こし、昏睡状態になるケースもあります。

■対処法
心臓に血液が流れやすくするために、足を高くして横になりましょう。

涼しい場所に移動して水分補給してください。
脱水症状を起こすとひどい頭痛に襲われますので、こまめな水分補給を忘れずにすることをおすすめします。

■対策
直射日光が頭部に当たるのを防ぐために、つばの大きい帽子をかぶったり、日傘をさすようにしましょう。

光を吸収しやすい黒い衣類は避けて、通気性の良い服を着てください。

夏場は出来るだけ日陰を選んで歩くようにしましょう。

最後に

このように熱射病と日射病では、そのメカニズムも症状も対処法もほとんど同じです。
ですから最近ではどちらもまとめて「熱中症」と呼ばれるようになったそうです。

いずれにしても重症化すると死亡するケースも出てくるような重大な病気だということを忘れないでください。

こちらの記事もおすすめです

婚活に疲れた男女に贈る、結婚活動をする上でのポイントと結婚相談所の利用法。
婚活疲れの原因と対策方法をまとめた情報サイトです。
婚活疲れ

関連記事をもっと読む