熱射病とはどう違う?日射病の症状と原因

最近は日射病や熱射病を総称して「熱中症」と呼ばれるようになったようですが、毎年夏になると日射病で運ばれる患者は後を絶ちません。

日射病とはどのような症状のことで、何が原因で起こるのでしょうか。

日射病の症状

めまい

日射病を起こすと脈拍が速くなり呼吸数が増えるため、具合が悪くなってめまいを起こします。

軽度の日射病の場合はそのまま体を休ませることで回復しますが、悪化すると立っていられなくなり、意識がなくなることもあります。

吐き気

日射病のときは大量に発汗するので、体の水分量が足りなくなって心臓に戻るはずの血液が不足します。

こうなると脱水症状に近い状態になり、吐き気がしてくるのです。

長い間太陽の光に当たっていた場合、吐き気がしてきたら日射病かもしれない、と疑った方が良いでしょう。

頭痛

脱水症状になり脳への血液の流れが悪くなることで、ひどい頭痛を起こします。

大量の発汗は体が必要な水分や塩分を奪ってしまうことになりますので、必ずこまめな水分補給を忘れないようにしてください。

このときの水分補給には、塩分や糖分も含まれているスポーツドリンクがおすすめです。
ただの水では水分しか補給することが出来ないので、脱水の症状を改善することは出来ません。

皮膚の乾き

体は暑さを感じ頬が紅潮しているのに、汗を全くかいていない、という状態は危険のサインです。

人は暑さを感じると汗をかくことで体温を調整するのですが、皮膚が乾いているということは体が汗を出し切ることで脱水症状を起こしており、必要な水分や塩分が不足しているということです。

「汗をかいていないから大丈夫」という判断が最も危険なのです。

意識障害

日射病の合併症として、多臓器不全やショック状態などがあります。

日射病の初期症状が現れたら早期に病院で治療を始めなければ、これらの合併症を引き起こし、意識障害や最悪の場合は死亡する例もあるということを忘れないでください。

「ただの日射病だろう」という軽い判断が、生命を左右する場合もあるのです。

日射病の原因

日射病と熱射病は症状がほとんど同じなので「何が違うのか?」という人も多いようですが、その発症原因が異なります。

熱射病は高温多湿な環境下に長時間いることで体温調整機能に狂いが生じ、体温が著しく上昇することが原因で起こりますが、日射病は夏の強い日差しに長時間当たっていることが原因です。

体は熱を逃がそうとして末梢血管を広げるため、血圧が下がり、そのため様々な症状が現れます。

いずれにしろ日射病も熱射病も対処が遅れることで重篤な状態を引き起こしかねない恐ろしいものですので、普段から予防を心がける必要があるのです。

最後に

日射病は高齢者や小さな子供、何らかの基礎疾患を持つ人にとって特になりやすい病気です。

何が原因でどのような症状が出るのかをしっかりと理解して、夏の暑い時期を元気に乗り越えましょう。

関連記事をもっと読む