特に気を付けたい子供と高齢者の日射病について

体温調整機能が身発達な子供、体温調整機能が低下してきている高齢者にとって、夏の暑い日差しは凶器のようなものです。

自分では気付けない分、周囲の人間が十分注意して、子供や高齢者の日射病を予防してあげる必要があるのです。

子供と高齢者の日射病について

子供の日射病

■原因
子供は体温調整機能が身発達なため、体が暑さを感じてもそれに対応する力がまだ未熟です。
さらに熱による体内の異常にも気付きにくいため、気付いたときには最悪の状態にまでなっており、最悪の場合は死亡する例も少なくないのです。
また、子供は背が低い分、地面との距離が大人と比べて近いのも日射病を起こしやすい要因のひとつです。

屋外で遊んでいたりスポーツをしても、アスファルトによる太陽の照り返しを受けやすいため、熱が溜まりやすくなってしまうのです。

■症状
子供が日射病になると、体温が異常に上昇し体が暑くなったり、顔が真っ赤に紅潮したり、突然元気がなくなって倒れたりします。

恐ろしいのは、体の異常を自分で気付けないということ。
何かおかしいところはないか、大人が常にチェックしてあげなければなりません。

■予防策
体温調整が上手く出来ない分、通気性や吸汗性に優れた服装を心がけてください。
さらに麦わら帽子などの風通しの良い帽子を必ず被らせ、こまめに水分補給させながら過ごしましょう。

よく「トイレが近くなると面倒」という理由で水分をあまり摂らせないようにする親御さんもいますが、これは命取りです。

これらの予防策を行うか行わないかで、子供の日射病発症率が大きく変わるということを忘れないでください。

高齢者の日射病

■原因
高齢者は体温調整機能が低下しているため、体が暑さを感じていることに気付きにくくなっています。
そのため、気付いたときには意識を失っていた、ということも少なくありません。
また、高齢者は喉が渇きにくく、トイレに行くのが億劫だという理由で水分をあまり摂らない傾向にあります。
周囲の人が積極的に水分補給するように勧める必要があるのです。

■症状
高齢者は体に異常を感じても、そのことに気付くタイミングが若い人よりも遅いのです。
唇が乾いている、顔色が悪いなどの症状が見られる場合は、一刻も早く対処する必要があります。
時々体温を測ってみて、上昇していないか確認してください。

■予防策
高齢者は日射病が重症化しやすく、死亡する例も少なくありません。
屋外に長時間いないように促したり、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をさせて、日射病を予防してあげてください。

普段よりも元気がない、と感じたら、医療機関を受診しましょう。

最後に

子供や高齢者は日射病になりやすい上に、重症化しやすいことが分かっています。
これを防いであげられるのは、身近にいる周囲の人たちなのです。

「このままでは危険だ」、「なにかおかしい」と思ったらすぐに対処できるように、日射病について詳しく知っておきましょう。

関連記事をもっと読む