なぜ子供と高齢者の熱中症が増え続けているのか?

毎年暑い季節になると熱中症で搬送されたというニュースをよく耳にするようになりますが、熱中症は重症化すると命を落とす危険性もある恐ろしい病気です。

そしてその多くが幼い子供や高齢者である場合が多く、熱中症に対する予防や対策についてさらに真剣に考えていかなければならない事態は続いています。

子供と高齢者の熱中症

なぜ成人に比べて子供や高齢者が熱中症になる確率は高いのでしょうか。

自分自身で自分の体調を管理することが難しい子供や高齢者のために、周囲が注意しなければならないポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

子供と高齢者に熱中症が多い理由

■体温調整機能の働きが弱い
熱中症は体温よりも気温が高くなることで人間が持つ体温調整機能が正常に働かなくなることが原因で起こります。

暑さを感じると体温調整機能が働き体温を下げるために汗をかくのが通常ですが、この体温調整機能がまだ未熟な子供や、働きが低下してきている高齢者の場合、体温調整機能が異常をきたす確率が高いため、熱中症になりやすいと考えられています。

■異常に気付きにくい
熱中症はあっという間に症状が進んでいきますので、少しでも症状が現れた場合には早急に対処しなければ命に関わる事態も招きかねません。

体調不良に気付きにくい子供や感覚が鈍ってきている高齢者は、具合が悪いことに気付いたときには症状がかなり進行してしまっているケースが多いようです。

■水分補給不足
熱中症を予防するためにはこまめな水分補給が大切です。

汗をかくと体内の水分と塩分を大量に失うことになりますので、スポーツドリンクなどを常に持ち歩く必要があるのですが、遊びに夢中になっている子供は、親が促すまでなかなか喉の渇きに気付きません。

また、高齢者は喉の渇きを感じにくく、トイレが近くなるのを嫌がって水分を摂らないようにしてしまいがちです。

子供と高齢者の熱中症を予防するには

子供や高齢者は熱中症に対する正しい知識や予防策を知らないため、周囲が注意して見てあげなければなりません。

  • 外出時は通気性の良い衣類を着用しているか
  • 帽子や日傘は使用しているか
  • 炎天下に長時間いることはないか
  • こまめに水分補給できているか
  • 室内の温度・湿度管理は適切であるか
  • 具合が悪い様子はないか

こういったポイントを周囲がしっかりとチェックしてあげることで、子供や高齢者の熱中症発症率を大幅に下げることが出来ます。

子供や高齢者は体の様々な機能が未熟だったり低下しているため、熱中症の症状も進みやすく、重症化しやすいということを覚えておいてください。

最後に

子供や高齢者の熱中症を防ぐためにも、私たちが熱中症に対する正しい知識をもっとしっかりと身に付けておかなければなりません。

車の中や室内でも熱中症で死亡するケースはありますので、油断することなく熱中症対策に努めていきましょう。

関連記事をもっと読む