周りの人が熱中症になったら

梅雨明けと同時に熱中症患者が急増します。気候の変化に体調がついていけないからですが、統計でも7月下旬から8月上旬が熱中症患者の一番多い時期です。では、実際に周囲の人が熱中症になったらどうすれば良いでしょうか。

環境省によると熱中症の症状はⅠ度からⅢ度に分けられています。

Ⅰ度の場合は、立ちくらみ、こむら返り、大量の発汗などが見られます。この場合はすぐに涼しい場所に移り水分を補うようにして下さい。周囲に人がいても特に介護の必要はありませんが、その状態が長く続いたり悪化したりした時は病院に連れて行って下さい。症状が改善しても血圧の変化が大きい場合がありますからしばらくは安静にして下さい。

Ⅱ度の場合は、頭痛や吐き気・嘔吐、虚脱感・倦怠感に襲われます。Ⅲ度になると、意識障害・痙攣・運動障害で高体温となり、いわゆる重体の状態です。Ⅱ度以上は速やかに病院に運ぶことが必要で、身体の自由が利かない時はすぐに救急車を呼んで下さい。

Ⅱ度以上の場合の応急処置は涼しいところへ運び嘔吐物の有無を確認して下さい。嘔吐物による呼吸困難の危険があります。身体はなるべく動かさないようにし、脇の下など熱がこもる場所は冷たいペットボトルなどで冷やし、救急車の到着を待って下さい。

熱中症の症状はⅠ度からⅢ度まで順番をおって起こるわけではないため、突然倒れることが多く重症になりやすいものです。

暑い盛りには、外での運動や作業は避け水分をこまめに補給すること、仕事上外での作業が多い時はこまめに休息をとりましょう。大量の発汗は水分の他に塩分やミネラルを減らせてしまうため要注意です。自分の身体を暑さから護ることが大事です。

関連記事をもっと読む