暑さに負けない強い体を作る!食べ物で熱中症対策

  • 高温多湿下の外出を控える
  • こまめに水分補給する
  • 通気性の良い衣類を選ぶ

熱中症を予防するために注意すべき点はたくさんありますが、いくら予防に気をつけていても体調管理が出来ていなければ熱中症に負けてしまいます。

普段から規則正しい生活を送り食事に気をつけておくことで、暑い夏を乗り切ることが出来るでしょう。

熱中症対策に効果的な食べ物

夏場は食欲がないという理由でつい食事を抜きがちになりますが、これが一番危険です。

栄養バランスのとれた食事をしっかり食べて、元気な体を作ってください。

梅干し

人間は暑さを感じると汗をかくことで熱を体外に放出します。

こうすることで体内の熱を下げているわけですが、体温調節が上手く出来なくなると汗をかいて放熱することが出来なくなり、様々な体の不調として現れます。

大量の汗の中には水分とともに塩分が含まれており、出て行った分をしっかり補ってあげる必要があります。

水分補給と一緒に、梅干しなどの塩分を摂るようにしてください。

梅干しには疲労回復効果もあるので、熱中症に負けない元気な体を作るには大変おすすめです。

バナナ

汗をかくと、塩分とともにカリウムも排出されます。

カリウムが減少すると細胞は脱水を起こしやすくなり、熱中症の重症化を招いたり、回復を遅くする危険性が出てきます。

カリウムはバナナの他に小豆、ホウレンソウ、落花生などにも多く含まれていますので、積極的に摂るようにしてください。

ウナギ

ウナギは昔から熱中症予防に効果的と言われている食べ物のひとつです。

ウナギにはビタミンB1が豊富に含まれており、糖質を分解して疲労が溜まるのを防いでくれます。

疲れていると食欲が落ちたり倦怠感を感じるようになり、熱中症にかかりやすくなってしまいます。

ビタミンB1はウナギの他にも豚肉やハム、海苔などに含まれていますので、毎日の食事に取り入れてみてください。

旬の果物

夏を代表するスイカや桃、メロンなどの果物にはミネラルが豊富に含まれていますので、エネルギーを蓄えるにはぴったりです。

果物なら食欲が落ちているときでも食べやすく、水分も同時に摂取することが出来るので、暑さのせいで体が疲れているときはぜひ積極的に食べるようにしてください。

夏野菜

暑いとつい冷たいものばかりを食べたくなるものですが、内臓を冷やしたり胃腸を壊す原因になりますのでほどほどにしてください。

ナスやきゅうり、トマトなどの夏野菜は温めて食べても体の熱を下げる働きがあるので、加熱して食べるようにしましょう。

調理方法を工夫することも、大切な熱中症対策です。

最後に

これらの食べ物をバランス良く毎日のメニューに取り入れながら、健康な体作りのために頑張ってください。

1日3食しっかりと食べることこそが、スタミナのある熱中症に負けない体を作る秘訣です。

関連記事をもっと読む