犬の熱中症対策!○○があなたの愛犬を守ります

ペットを飼っていない人には分からないかもしれませんが、犬や猫などの動物にも熱中症は起こります。

熱中症で動物病院に運ばれる犬は、実は意外と多いようです。

飼い主の知識不足のせいで愛犬を辛い目に遭わせることのないように、しっかりと熱中症対策を考えてあげてください。

犬の熱中症対策

犬の熱中症の症状は人間のものとは少し違っていますので、熱中症について詳しいという人ももう一度勉強し直してみてください。

室内の温度管理

飼い主が一緒にいる場合は問題ないでしょうが、犬に留守番をさせるときは十分に室内の温度について注意しなければなりません。

「外じゃないから大丈夫」と思って温度管理をせずに出掛けるのは危険です。

真夏では密閉された室内の温度が40度近くまであっという間に上がってしまいます。

冷房をタイマー設定しておいたり、日光が入ってこないようにカーテンを閉めて出掛けるなどの工夫が必要です。

特にサークルに入れていて家の中を自由に行き来できない状態の場合は自分で涼しい場所を探すことも出来ないのでより注意が必要になります。

可能であれば少し窓を開けて通気性を良くして行ってあげてください。

散歩は涼しい時間帯に

人間よりも地面に近い場所を歩くためアスファルトの照り返しを受けやすい犬は、日中の暑い時間帯に散歩をすると簡単に熱中症を起こしやすくなります。

出来るだけ早朝や夕方以降の涼しい時間帯に散歩をしてあげるようにしてください。

どうしても日中でないと散歩出来ないときは、アスファルトの少ない草地を選び、木陰の多い場所で散歩させてあげましょう。

あまり激しい運動をさせないように気をつけることも大切です。

常に水が飲めるようにしておく

人間と同様、犬も脱水症状を起こします。

犬は熱中症になると口を大きく開けてハァハァと荒い呼吸になりますが、これは唾液を蒸発させることで体温を下げようとしている行為です。

人間のように汗をかいていなくても、ヨダレと一緒に水分が奪われ、体の水分は不足していきます。

水の入った器を常に自由に飲めるように用意しておいてあげましょう。

水は時々チェックしてぬるくなっていたら新しいものと交換してください。

車で留守番させない

よく車に犬を置いて待たせている光景を目にしますが、暑い季節は大変危険です。

クーラーの切られた車内は温度があっという間に上がり、すぐに熱中症の症状が現れる危険性があります。

例え窓を開けていたとしても換気が十分でないので、車での留守番は絶対にさせないようにしてください。

最後に

犬が熱中症を起こすのは大抵の場合、飼い主の注意不足によるものです。

暑さに弱く体温調節が出来ない犬は、人間よりもずっと簡単に熱中症になってしまうということを忘れないでください。

最悪の場合は命に関わることもあるので、症状が見られたら必ず動物病院で診察を受けましょう。

関連記事をもっと読む