汗をかく習慣を!日常生活で出来る4つの熱中症対策

毎年夏になると全国各地でたくさんの人が熱中症で救急搬送されています。

中には命を落とす人もいる恐ろしい熱中症を予防するためには、どうしたら良いのでしょうか。

日常生活で出来る熱中症対策

ここでは、熱中症に負けない体を作るために日常生活で出来るポイントをご紹介します。

規則的な生活を送る

人は暑さを感じると汗をかいて体内の熱を外に逃がそうとします。

しかし高温多湿化の環境に長時間いることで体温調節機能が低下し、脳や心臓に十分な血液が行き渡らなくなり、様々な体調不良を起こします。

これが熱中症です。

熱中症を予防するためには、体温調節機能が異常をきたすことのないように日頃から強い体を作るよう努力しておくことが大切です。

十分な睡眠、十分な栄養を摂り、体調管理をしっかりとしておきましょう。

体の免疫力が高まれば、熱中症を起こしにくくなります。

寝不足の状態や風邪気味で体調不良のときは、より熱中症を起こしやすいものです。
外出するときだけでなく、室内にいるときも水分補給するなど十分気をつけてください。

汗をかく習慣を作る

現代人は真夏でもクーラーの効いた涼しい部屋で過ごすことが多いので、汗をかく機会が減ってきていると言われています。

このことが汗腺の働きの低下を招き、暑さを感じても十分な発汗が出来ず、体内に熱を閉じ込めてしまいがちです。

日頃からあまりクーラーに頼らず、適度に体を動かしたり入浴をして汗をかくように努めてください。

おすすめは早朝などの涼しい時間帯に、ジョギングやウォーキングをしてしっかり汗をかくことです。

適度な発汗が促され、暑い環境下でも上手に体温を調節することが出来るようになります。
ただし、水分補給は絶対に忘れないでください。

室内の温度・湿度管理

クーラーの効いた室内と炎天下の屋外との温度差や湿度差が激しい環境を出入りしていると、体に大きな負担がかかります。

部屋の温度は28度より下げず、出来るだけ外との差が大きくならないように気をつけてください。

暑い夏でもその温度に慣れてしまえば、意外と乗り切ることが出来るものです。
少しずつ体を暑さに馴染ませていけば、暑さに負けない体を作ることが可能です。

通気性に優れた服装

汗をかくことで体温を調節しているわけですから、普段からなるべく通気性・吸汗性に優れた衣類を着用することを心がけてください。

体にフィットするような洋服は熱の発散を邪魔したり血液の流れを悪くしますので、体温調節機能を狂わせる原因になります。

出来るだけゆったりとした服装がおすすめです。

最後に

熱中症はなりやすい人とそうでない人がいます。
もし自分が熱中症になりやすいと思ったら、日常生活を見直すことから始めてみてください。

努力次第で熱中症の脅威から身を守ることはいくらでも出来るということを覚えておいてください。

関連記事をもっと読む