3分でわかる!屋外でスポーツをするときの熱中症対策

熱中症で救急搬送される人の多くが、屋外でスポーツなどの激しい運動や作業をしていたというケースです。

気温や湿度が高い日に屋外でスポーツをするときには十分に熱中症対策を考えておかなければなりません。

屋外でスポーツをするときの熱中症対策

しっかりと予防しておけば、熱中症はいくらでも避けることが可能です。

今のうちに正しい知識を知って、楽しい夏を迎えてください。

こまめな水分補給

暑い日は黙っていても汗をかくものです。

真夏の炎天下でスポーツをするということは大量の汗をかくことが予想されます。

人は暑さを感じると体温調整機能が働き、汗をかくことで体温を下げ、コントロールしています。

しかし汗をかきすぎて体内の水分や塩分が不足してくると、脳が発汗の指令を出しても汗が出ず、汗をかいて体温を下げるという行為が出来なくなってしまいます。

その結果、めまいや頭痛、倦怠感、意識障害などのいわゆる熱中症を起こしてしまうことになります。

屋外でスポーツをするときには、必ずスポーツドリンクなどの塩分を含んだ飲料水でこまめに水分を摂取するようにしてください。

喉の渇きを感じたときにはすでに身体は脱水状態に陥っている証拠なので、喉が渇いたと感じる前に水分補給することが大切なポイントです。

こまめな休憩

暑い日に屋外でスポーツをするということは、体に大きな負担を与えることになります。

身体を動かし続けるのではなく、こまめに休憩をはさんでください。

休憩の際は木陰などの出来るだけ涼しい場所に移動し、体温を下げてあげるように努めましょう。

少しでも「頭が痛い」、「めまいがする」などの異常を感じた場合には、絶対に無理をしてはいけません。

周囲の人に体調不良を訴え、体を休ませたり救急車を呼んでもらうなどの対応をしてもらいましょう。

濡れタオルで体を冷やす

冷たく冷やした濡れタオルを用意しておきましょう。

首筋や脇の下などを冷やすと全身の体温が下がりやすくなりますし、手足などをタオルで拭けば、水滴が蒸発するときに体温を下げてくれます。

この行為があるかないかでは、熱中症の発症率が大きく変わるということを覚えておいてください。

十分な準備運動

暑い日に急に体を激しく動かすのは危険です。

暑さに慣れていない体がびっくりして、異常を起こしやすくなってしまいます。

スポーツをする前には必ず、十分な準備運動をして少しずつ暑さに体を慣らしてください。

普段冷房にばかり頼って、あまり汗をかかないという人はより熱中症を起こしやすいと言われています。

最後に

最も効果的な熱中症予防法は暑い日の外出を出来るだけ避けることです。

炎天下でのスポーツは最も危険な行為なので避けたいところですが、避けられない場合もあるでしょうから仕方ありません。

熱中症に対する正しい知識を学び、しっかりと予防策を練ってから出掛けるようにしてください。

こちらの記事もおすすめです

このサイトのテーマは「婚活疲れ」です。今月の週末は全部婚活イベントが入っている。
婚活を始めて、半年ほどすぎようとしている。けれど、運命の人とは出会えていない。これから私、どうなるんだろう。そんなあなたの婚活疲れを癒やします。

関連記事をもっと読む