熱中症を防ぐためのポイント

毎年夏が近づくと熱中症という言葉をニュースでもたびたび耳にします。

熱中症とは、気温が体温より高くなることで体が体温を調整することが出来なくなり、様々な機能障害を起こす状態を言います。

熱中症にはめまいや失神などの熱失神、脱水による熱疲労、血液の塩分濃度が低下することによって起こる熱痙攣、意識障害を引き起こす熱射病があり、場合によっては重体になったり死亡したりするケースも少なくありません。

実際に暑い時期にスポーツをしたり子供を車に残していたことで死亡した、というニュースは何度も耳にしたことがあるでしょう。

つまり熱中症は炎天下にいる場合のみに起こるものではなく、例え室内でじっと過ごしていたとしても起こりうる、非常に危険なものなのです。

何といっても熱中症の怖さは、あっという間に症状が進んでいくことです。

「ちょっと具合が悪い」と思った直後に倒れてしまう、ということもあるのですから、十分に気をつけなければなりません。

しかし熱中症は、気をつけていれば防ぐことのできる病気です。

熱中症を防ぐための対策を知っているか知らないかだけで、人の命を大きく左右することになるのです。

では熱中症対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、暑いときに無理な運動はしないこと。

学校の体育の授業中や運動会の練習中に生徒が熱中症で倒れた、というニュースを聞いたことがあります。

本人はもちろんのこと、周囲の大人たちの注意が必要です。
少しでもおかしいと思ったら休憩をとるように促したり、授業を中断させる決断が非常に重要になってくるのです。

特に熱中症は急に暑くなったときに起こりやすいので、そのようなときは特に注意しなければなりません。

さらに、水分補給をしっかりと行うことで熱中症は予防できます。

このときの水分補給には、塩分と糖分を含んだものが大変効果的です。

なぜなら人間の血液には塩分が含まれており、水だけを補給した場合、血液の塩分濃度が下がり、運動能力が低下してしまうのです。

血液の塩分濃度を高める塩分と、エネルギー源となる糖分を一緒に含んだ水分補給をすることが、熱中症対策の最重要ポイントとなります。

あとは、出来るだけ通気性の良い服を着て、薄着を心がけること、体調が悪いときには暑い日の外出を避けること、等、熱中症を予防するために出来ることは非常に簡単なのです。

もし熱中症の症状が出てしまった場合には、すぐに涼しい場所に移動して休憩をとることが大切です。

冷たいタオルを手足に当てて体を冷やしたり水分補給するだけで、軽い熱中症なら悪化させずに済むことが出来ます。

意識がない場合にはすぐに救急車を呼ぶ必要がありますが、救急車が到着する前の応急処置が非常に重要です。

体温を下げるために首や足の付け根などを冷やしたり、血液の循環を良くするために足を高くしてマッサージするだけでも大きく変わりますので、いつそのような事態に遭遇しても大丈夫なように、普段から応急処置の方法を知っておくようにしましょう。

最近は様々な熱中症対策グッズも販売されていますので、これからの季節を迎える前にぜひチェックしておくことをおすすめします。

関連記事をもっと読む