なぜ牛乳を飲むと熱中症を予防できるのか?

熱中症になってしまったときの対処法よりも、まず先に熱中症にならないための方法を知りたい、という人は多いでしょう。

熱中症に負けない強い体を作るために紹介されている方法はたくさんありますが、「牛乳を飲む」ことで熱中症を予防できる、という事実はご存知でしょうか?

スポーツドリンクなど塩分を含んだ水分を補給する、という話ならよく耳にしますが、果たして本当に牛乳で熱中症を防ぐことは出来るのでしょうか。

熱中症対策に効果的な牛乳

最近注目を集めている熱中症対策としての「牛乳」には、どのような効果があるのでしょうか。

牛乳を飲む意味

熱中症を起こすと身体は脱水状態になりますので、塩分を含む水分の補給が必要になります。

暑い日にはこまめに水分補給することで熱中症を予防できる確率が大幅に上がることは誰もが知っていることです。

しかし牛乳は脱水症状うんぬんとは全く別の意味で、摂取することが望ましいとされているようです。

熱中症の原因は体温調整機能が正常に働かなくなることです。

つまり体温調整機能の働きをアップさせることで、熱中症になりにくい体を手に入れることが出来るというわけです。

体温調整機能を上げるためには、全身の血液量を増やす必要があります。

そこで、きつめの運動をした後に牛乳を飲むことで、血液量を増やし発汗能力もアップさせることが出来る、という研究結果が発表されました。

なぜ牛乳が効果的なのか

これは牛乳に含まれる「ホエイたんぱく質」が大きく関係しています。

運動の後にたんぱく質を摂取すると、アルブミンという物質が合成されます。

このアルブミンには水を血液中に集める効果があり、血液の量が増えることになります。

つまり運動をした直後に牛乳を飲むと血液量が増え、その結果汗をかきやすくなって体の外に熱を逃がしやすくなる、ということです。

効果的な牛乳の飲み方

速歩きに相当する運動を30分した後、30分以内に300ミリリットルの牛乳を飲む、という方法がおすすめです。

牛乳が苦手、という人はヨーグルトやチーズでも効果はありますが、最も吸収が良いのは牛乳なので、手っ取り早く効果を出したい人は頑張って牛乳を飲んでみてください。

ここで注意しなければならないのは運動をするときです。

普段運動をしない人は体が慣れていないので、急に激しい運動をすると体に負担がかかります。

朝や夕方以降の涼しい時間帯を選んで、体調と相談しながら運動を始めてください。
無理をすると簡単に熱中症になってしまいますよ。

最後に

毎年夏になると大勢の人が熱中症により救急搬送されています。

時には命を落とす可能性もある熱中症は、誰にでも起こり得る病気だということを忘れないでください。

本格的な夏を迎える前に、今からでも運動と牛乳の摂取を習慣化して、熱中症に負けない体を作っておいてはいかがでしょうか。

関連記事をもっと読む